研修・社員教育に関して

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて
株式会社 明之運送は、輸送の安全を確保するために、以下のとおり全員が一丸となって取り組んで参ります。

送の安全に関する基本方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全従業員に輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させます。また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  2. 会社は、輸送の安全に関する「計画の策定、計画に基づく安全対策の実施、実施したことによる効果の評価、改善ポイントを整理しさらに計画を改善し実施する」を確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

送の安全に関する目標

車両事故・貨物事故防止目標(平成23年度)

札幌 0件以下
東京 0件以下
岡崎 0件以下
大阪 0件以下
合計(会社全体) 0件

重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)0件

故に関する統計(平成24年度)

札幌 0件以下
東京 0件以下
岡崎 0件以下
大阪 0件以下
合計(会社全体) 0件

故・災害に関する報告連絡

  1. 当事者は人名救助を最優先とし、救急車の手配、救護処置など行う。
  2. 警察に通報する。
  3. 所属営業所に報告し、上長の指示を受ける。
  4. 運行管理者、整備管理者はレッカー、代車など必要な手配を行い、荷物の延着が予想される場合は、発店や立寄り店、必要に応じては、荷主に連絡をする。
  5. 所長は、社長・部長に報告する。
  6. 重大事故発生時は、運輸局へ報告する。

送の安全に関する教育および研修の計画

  1. 事故の現況や自己対策について意見交換を行い、情報の共有化などを実践の上輸送の安全向上に努める。
  2. 自動車事故対策機構の適正診断を受ける。
  3. 各営業所の運行管理状況等を把握のうえ指導を行う。
  4. ミーティングを開きドライバーの意見を聞き、情報の共有する。
時期 教育指導の内容 特別指導
4月 トラックを運転する場合の心構え
5月 トラックの運行の安全を確保する為に遵守すべき基本的事項
6月 トラックの構造上の特性 梅雨時を前に
7月 貨物の正しい積載方法
8月 過積載の危険性
9月 危険物を運搬する場合に留意すべき事項 秋の交通安全を前に
10月 適切な運航の経路及び当該経路における道路及び交通の状況
11月 危険の予測及び回避 年末輸送安全総点検
12月 運転者の運転適性に応じた安全運転
1月 交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因及びこれらへの対処法 年始輸送安全総点検
2月 健康管理の重要性
3月 添乗指導 春の交通安全を前に